FX取引をしてみよう

FX取引は、外国為替証拠金取引が正式な名前です。
かなり難しげな名前ですが、基本的には二つの通貨ペアを選出し、その通貨間の差金決済によって為替通貨の売買を行なう取引のことです。
投資の世界というと古くから株式投資と相場が決まっていました。
しかし遅れてきたとはいえ、1998年に始まったFX取引はすぐに日本中に広まっていったのです。


FX取引の大きな魅力の一つに少額投資ができる点があります。
これはどういうことかというと仮に10万円の投資金額がある場合これを10倍の100万円に見たてて取引投資をすることができるのです。
この10倍をレバレッジといいます。
10万円で100万円の買い物ができるということなのですが元本は10万円なので勝ち方向に向いている時はいいのですが、負け方向の場合は10万円の値動きをしただけでそこで取引終了ということになります。
ですのでレバレッジを利かせた場合は迅速な損切りも必要となることも覚えておきましょう。
リスク、あるいはデメリットとしてはそのくらいでしょうか投資についてはリスクはつきものですから、このあたりの条件はむしろ当たり前といえます。


少額しか持ちあわせのないサラリーマンが投資の世界に入りやすくなっているといえますが、レバレッジは諸刃の刃ともなりえるので、利かせるのであれば最初は3倍から5倍程度がいいでしょうこのくらいの倍率でも勝てる時はかなり勝てます。
ただし、初心者の場合はいきなり取引を始めるのではなく最低でもチャートが読めるようになっていなくてはいけません。
当サイトではFXについて初心者の方に解説いたします。

Copyright © 2014 初心者へのFX講座 All Rights Reserved.